• ホーム
  • スローエアロビックとは?

スローエアロビックとは?

スローエアロビックの誕生

『スローエアロビック』はJAFが提唱する健康寿命の延伸を目的とした健康体力づくりのための運動プログラムです。JAFは2006年から静岡県袋井市と『エアロビックの町づくり』をすすめてまいりましたが、『脳フィットネス』を提唱する筑波大学の征矢英昭教授の指導の元に、認知症予防にも効果が期待できる軽運動として再構築を図りました。

現在は高齢社会への貢献活動としてスズキ(株)よりご協賛をいただき、47都道府県エアロビック連盟や関係指導者と連携し、全国への普及に取り組んでいます。

気分を重視した軽運動

これまで健康維持・向上のためには、中程度の運動で「ややきつい」と感じる最大努力の50%~60%の運動が薦められてきましたが、高齢者や運動が苦手な人にはそのレベルでは「長続きしない」という問題がありました。

しかし、高齢者や体力のない運動初心者でも「きつい」と思わず「楽である」と感じる最大努力が30%~40%の低強度の運動であれば、気軽に始められ継続性も期待できます。その心拍数の目安は90~110拍程度です。この低強度の運動が「軽運動」と呼ばれる概念です。

さらに、軽運動で身体効果高める条件として重視されるのが「気分」です。このため音楽を用いたり、一人より仲間と一緒にやることが気分を高め、効果的だと云われています。日本エアロビック連盟が目指す軽運動がスローエアロビックです。

「シンプル・スマイル・ソフト」の新感覚エクササイズ

スローエアロビックは、高齢者や体力のない運動初心者の方にでも気楽に実践してもらえるよう簡単な動きを反復して楽しむエクササイズです。シンプルで簡単なので動きを覚える煩わしさを感じず、高齢者でも安心して音楽に合わせて動けるようになります。

仲間同士が集まり、好きな音楽をかけて体を動かせば気持ちも明るく前向きになります。スローエアロビックを続けることで笑顔がこぼれてしまう、そんな素敵なコミュニケーションが生まれるのもスローエアロビックの特徴です。ゆったりとしたテンポで動くので運動強度もソフト。安全に運動を続けることができます。体に無理がないので継続率が高く、運動習慣が自然に身に付いて行きます。

日頃の健康寿命を伸ばす運動指導や、その他高齢者運動指導の際に、基本のエクササイズとして他のプログラムと組み合わせて行うことも有効です。