エアロビックとは

エアロビックとは

  1. ホーム
  2. JAFとは
  3. エアロビックとは

競技エアロビック

「エアロビクス」がスポーツに発展した競技エアロビック

エアロビックは、アメリカのケネス・H・クーパー博士が提唱した運動処方理論「エアロビクス」を起源として、その後に派生したエアロビックダンスやエクササイズを技術的に体系化して「スポーツ」に発展したものです。近年では体操競技と同様に表現スポーツや採点スポーツに位置づけられています。1982年、アメリカの『ランナーズ・ワールド誌』の発行人ロバート・アンダーソン氏がフィットネスのエアロビクスとは一線を画した競技スタイルを創案し、カリフォルニア州マウント・ビューで初の競技会を開催しました。

2年後の1984年には日本でも「第1回全日本フィットエアロビクス・チャンピオンシップ」(現在のスズキジャパンカップ)が開催されるなど世界中に広がっていきました。現在では、世界80ヶ国で行われているといわれ、スズキワールドカップエアロビック世界大会をはじめ、国際体操連盟(FIG)のワールドチャンピオンシップ、ユニバーシアード競技大会などの国際大会も開催されるなど、オリンピック種目を目指すまでになっています。

競技の概要

競技には、国際大会につながる公式競技のほか、普及を目的としたチーム競技、フライト競技があります。公式競技は、部門や年齢別に7.0m四方と10m四方の競技エリアを使用し、定められた競技時間の中でエアロビック動作やエレメントと呼ばれる難度別の動作を組み合わせた演技(ルーティン)を行います。これを「難度」「実施」「芸術」の観点から審判員が採点し、その総合点で優劣を競います。(詳しくは「競技会体系」の項をご参照ください。)

競技部門

競技部門(種目) 構成・形式等
シングル 男女別の個人種目
ミックスペア 男女のペア種目
トリオ 男女問わず3人で行う種目
グループ 男女問わず5人で行う種目
エアロビックダンス 男女問わず4~8名で行う種目
エンジョイチーム 男女問わず3~10名程度で行う種目
フライト オープンエクササイズ形式で行う個人種目

生涯エアロビック

みんなのスポーツとしての生涯エアロビック

エアロビックは、アメリカのケネス・H・クーパー博士の提唱による運動処方理論「エアロビクス」を起源とし、1980年代初頭に健康体力づくりのための運動プログラムの一つとして日本に紹介されました。このため、生涯スポーツ(健康スポーツ)として広い裾野を持っています。

エアロビックダンス・エクササイズの愛好者が増加するに従って、指導者(インストラクター)の需要も高まり、子どもから中高年者まで対象に、親子向け、妊婦向け、障がい者向けのプログラムが普及するとともに、民間スポーツクラブや公共スポーツ施設などでも様々な形でエアロビックが採用されるようになりました。

上達の指針となるエアロビック技能検定

日本エアロビック連盟では、エアロビックを理解し明快な上達の指針となるよう、水泳の泳力検定やスキーのバッヂテストと同様、1997年からエアロビックの「技能検定制度」を発表。

特に子どもたちに興味を持って取り組んでもらえるよう「ジュニア・エアロビック検定」も2007年からスタートしています。このような大衆スポーツの広がりにより、文部科学省旧庁舎3階ミュージアムのスポーツ展示コーナーでは、日本の代表的な生涯スポーツの一つとしてエアロビックが紹介されています。

スローエアロビック&アダプテッドエアロビック

エアロビックは、子どもから高齢者まで男女の区別なく手軽に楽しめる参加型のスポーツ(エクササイズ)です。特に高齢化社会に対応した「スローエアロビック」、障がい者のエアロビックとして「アダプテッドエアロビック」など、対象別やライフステージ別のプログラムの開発と、「行って楽しい」「観て楽しい」エアロビックの普及に努めています。