JAFとは

JAFとは

  1. ホーム
  2. JAFとは

日本エアロビック連盟

公益社団法人日本エアロビック連盟(Japan Aerobic Federation、略称「JAF」)は、エアロビクスをスポーツとして普及振興する公益法人です。
全国47都道府県に加盟団体として都道府県エアロビック連盟があり、競技スポーツと生涯スポーツの両面から事業を展開しています。
主な事業には「スズキワールドカップ世界エアロビック選手権大会」「スズキジャパンカップ全日本エアロビック選手権大会」開催のほか、生涯スポーツとして「エアロビック技能検定会」や「スローエアロビック普及」「エアロビックの学校体育の導入」等をすすめています。
また、普及の要となる指導者育成として日本体育協会と共催の「公認エアロビック指導者養成事業」や、各種指導員、審判員、技能検定員等の資格認定を行っています。
現在、日本体育協会加盟の中央競技団体として国民体育大会の参加や、国際体操連盟(FIG)と協力してオリンピックの種目化をすすめています。

日本エアロビック連盟の沿革

1983年
競技エアロビックの世界普及をはかる国際組織「フィットエアロビック・インターナショナル・アソシエーション」の日本本部(FIA/JAPAN)として誕生。(FIA/USAと2本部制)
1984年
FIA/JAPAN は、日本で初めてのエアロビック競技会「ドールカップ全日本エアロビック選手権大会」(現、スズキジャパンカップ)を開催。
翌85年には同大会の上位入賞者をアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市で開催された世界で初めての国際大会(FIA/USA主催)に派遣し、国際交流の端緒となる。以後、日本各地でエアロビックの普及や国際交流に活発に取り組む。
1987年
東南アジア各国のエアロビック競技会開催の指導を開始。
1988年
シンガポールで「第1回アジアカップ」を開催。
1989年
FIAはアメリカ本部の事情から日本本部に一本化されて、国際エアロビック連盟(IAF)に改組。
1990年
IAFが「スズキワールドカップ世界エアロビック選手権大会」を開催。
1992年
IAFの国内事業は、文部省(現、文部科学省)所管の社団法人日本エアロビック連盟(JAF)として独立。競技スポーツに加えて生涯スポーツとしてのエアロビックを普及振興する公益法人となる。初代理事長に小西晃一氏が就任。
1995年
日本体育協会と共催で文部大臣認定事業「公認エアロビックC級スポーツ指導員」養成講習会を開始。
本格的にエアロビック指導者養成がスタート。
2003年
国際体操連盟(FIG)と競技ルールの共用を決定。国際的に統一されたルールの運用がスタート。
2004年
日本体育協会に正式加盟し、中央競技団体となる。また国際大会への選手・審判等の派遣の観点から日本体操協会にも加盟。
2006年
スポーツ拠点づくり推進事業として、静岡県袋井市と共催で「JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会」を行うことを決定。
2007年
第2代理事長に知念かおる氏が就任。
2011年
第26回ユニバーシアード競技大会(中国・深圳)の正式種目となり、ミックスペア、トリオ、エアロビックダンス3部門に日本代表を派遣。
2013年
新公益法人制度の施行に伴い、内閣府から移行認定を受け、4月より「公益社団法人」としてスタート。
代表理事に筒井昭氏、知念かおる氏の2名が就任。

業務・財務に関する資料

エアロビック普及推進議員連盟

国会議員の立場から日本エアロビック連盟の活動を支援することを目的に設立したのが超党派「エアロビック普及推進議員連盟」です。議員連盟の会長は遠藤利明代議士(衆議院議員・前東京オリンピック・パラリンピック大臣)が務め、議員連盟役員も多彩な顔触れとなっています。
この議員連盟設立により、本連盟と都道府県エアロビック連盟が行う競技スポーツ事業、スローエアロビックの生涯スポーツ事業、さらに教育スポーツ事業として学校体育のエアロビック導入を力強く推し進めていくことが期待されています。

設立趣意 競技スポーツのエアロビックに加え、健康で活力ある社会を目指し、子どもから高齢者まで親しんでもらうエアロビックの普及と振興をはかり、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的として本議員連盟を設立する。(2016年10月5日設立)
名称 エアロビック普及推進議員連盟
会員 超党派国会議員84名(自民62名、公明5名、民進12名、維新4名、無所属1名)2016年10月現在
役員名簿

エアロビック普及推進議員連盟 役員名簿